上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
あけましておめでとうございます。
私たちは大晦日にパリを発ち、元日に成田に到着しました。
帰りの飛行機はラッキーな事にアップグレードされたので、楽々帰国です。

元日なのに成田から京都に荷物を送ったら翌日には配送されたり、
元日からスタバもラーメン屋さんも普通に開いていたり(早速食べた)、
日本はつくづく便利な国だなあと実感。
そのぶん、フランスと比べると労働時間も大分と長いですが。

何はともあれ、今年も一年宜しくお願いします。




スポンサーサイト
2009.01.03 Sat l 日本 l COM(7) TB(0) l top ▲
vin71.jpg
残していたワインのコルクを数えてみたら71個ありました。
・4月以降からしか残していない
・外食分はない
・夏の南仏滞在時の分はない
ので実際は100本位開けたのではないでしょうか。
安くて美味しいワインが簡単に手に入ったフランスだからここまで飲めたんだと思います。
日本に帰ったら、、、ここまで飲む事はできないでしょう。

2008.12.31 Wed l ワイン&チーズ備忘録 l COM(0) TB(0) l top ▲
ついに帰国は明日(12月31日)。
船便は送ったし、手荷物もなんとかまとまり、後は掃除・洗濯を残すのみ。
今日は最後にパリに行く予定でしたが、この冬一番の寒さ(多分)のため路面が凍結。
普段はビュンビュン飛ばしているフランス人達もさすがにノロノロ運転。
道路が大渋滞していました。
こりゃダメだ、、、ということで高速に乗る前に断念。
フォンテーヌブローで過ごす事にしました。
後で聞いた話によると、普段は1時間半程のパリへの道のりが今日はなんと6時間もかかっていたそうです。

既に片付けを済ましているので、今夜は外食。
フォンテーヌブローで一番コストパフォーマンスの高いレストランCote Sudへ。
南仏・地中海料理のお店で夜でも前菜+メインのムニュは25ユーロ。
cotesud.jpg
(メインで選んだマグロのロースト、ラタトゥイユ添え)

デザートはフォンテーヌブローで一番のパティスリー、Frederic Casselで買ったケーキを自宅で頂きました。
cassel1.jpg
ここは店構えはとても綺麗だし、味も甘すぎず上品なので、人気のお店です。
cassel2.jpg
今年はなんと日本に初上陸。
何故か京都のハイアットリージェンシーに一号店がオープンしています。
ウェブサイトを見る限り、ケーキ類は残念ながらないようです。

ちなみに昼間、ここのサロン・ド・テでお茶をしたのですが、飲み物についてくるショコラが何故かINSEADのロゴ入りでした。
cassel3.jpg

充実した一年も今夜で終わり。
寂しい限りです。



2008.12.30 Tue l フランス生活(住) l COM(2) TB(0) l top ▲
Joyeaux Noel!
冬の一大イベント、ノエル(クリスマス)がやってきました。
基本的にフランス人は家族と共に家でノエルを過ごすよう。
スーパーにはイブのご馳走を買いに来た人たちで大盛況です。

チキンや七面鳥の丸焼き、フォアグラやキャビアなどの高級食材もたくさん売られていましたが、一番盛り上がっていたのはシーフード売り場。
普段は閑散としているのに、今日は牡蠣やロブスターを求める人で溢れ帰っていました。

さて私たちの今日のディナーは、
オードブル:エスカルゴ(ピカールの冷凍だけど)、サラダ
diner_noel1.jpg
メイン:ローストチキン(二人なので丸鶏は断念)
diner_noel2.jpg
デザート:ガトーショコラ(管理人さん直伝のレシピ)
diner_noel4.jpg
ワイン:マルサネの赤(秋にブルゴーニュを訪れた際、購入)
diner_noel3.jpg

ちょっと食べ過ぎです。
が、明日は帰国のための荷造りでカロリー消費する予定なので、まあいいかな。


2008.12.24 Wed l フランス生活(その他) l COM(0) TB(0) l top ▲
フランスの東の果てストラスブールから一旦パリに戻り、ユーロスターでロンドンへ。
london6.jpg

ロンドンと言えば、ミュージカル。
でも上演しているものが多過ぎて。何を観たらいいのか迷います。
とりあえず、その日の売れ残りチケットを半額で売ってくれるtktsに行ってみて考えることに。
人気の「マンマ・ミーア」、その日は休演だった「ライオンキング」はありませんでしたが、窓口が開く10時前から並んでいたので結構選択肢がありました。
映画版がお気に入りの「Billy Elliot」(邦題:リトルダンサー)か有名どころの「オペラ座の怪人」かで迷いましたが、旦那の要望により「オペラ座の怪人」に決定。
実は既にブロードウェイと大阪で計2回観ているんですが、まあ10年前のことなので良しとしました。

夜の開演まではロンドン観光&ショッピング。
クリスマス前ということでデパートの周りは人だらけです。
london5.jpg
少し前と比べると対円のポンドは半分程の価値になっているので、何でも安く思えます。
ちなみにスターバックスのカフェラテトールサイズは1.9ポンド。
フランスだと3.6ユーロくらいだったと思うので、割安です。

ランチは飲茶。
london1.jpg
外観もインテリアも高級そうですが、お値段はリーズナブル。
パリではなかなか飲茶を食べさせてくれるレストランはありませんが、ロンドンは選り取りみどり。
このお店は香港人に教えてもらったのですが、本場の人のおススメだけあってとても美味しかったです。

夜になり、お待ちかねのミュージカル鑑賞。
劇場はライトアップがとてもキレイです。
london2.jpg
行くまで気がつかなかったのですが、座席は最前列のど真ん中。
目の前(下?)にオーケストラピットがあります。
london.jpg
ところどころ指揮者の人の頭が邪魔でしたが、シャンデリアの仕掛けのところなど迫力満点で楽しめました。
もう少し滞在できれば、他のミュージカルやバレエも試してみたかったです。

2008.12.24 Wed l フランス以外の旅 l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。