上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
フランスの東の果てストラスブールから一旦パリに戻り、ユーロスターでロンドンへ。
london6.jpg

ロンドンと言えば、ミュージカル。
でも上演しているものが多過ぎて。何を観たらいいのか迷います。
とりあえず、その日の売れ残りチケットを半額で売ってくれるtktsに行ってみて考えることに。
人気の「マンマ・ミーア」、その日は休演だった「ライオンキング」はありませんでしたが、窓口が開く10時前から並んでいたので結構選択肢がありました。
映画版がお気に入りの「Billy Elliot」(邦題:リトルダンサー)か有名どころの「オペラ座の怪人」かで迷いましたが、旦那の要望により「オペラ座の怪人」に決定。
実は既にブロードウェイと大阪で計2回観ているんですが、まあ10年前のことなので良しとしました。

夜の開演まではロンドン観光&ショッピング。
クリスマス前ということでデパートの周りは人だらけです。
london5.jpg
少し前と比べると対円のポンドは半分程の価値になっているので、何でも安く思えます。
ちなみにスターバックスのカフェラテトールサイズは1.9ポンド。
フランスだと3.6ユーロくらいだったと思うので、割安です。

ランチは飲茶。
london1.jpg
外観もインテリアも高級そうですが、お値段はリーズナブル。
パリではなかなか飲茶を食べさせてくれるレストランはありませんが、ロンドンは選り取りみどり。
このお店は香港人に教えてもらったのですが、本場の人のおススメだけあってとても美味しかったです。

夜になり、お待ちかねのミュージカル鑑賞。
劇場はライトアップがとてもキレイです。
london2.jpg
行くまで気がつかなかったのですが、座席は最前列のど真ん中。
目の前(下?)にオーケストラピットがあります。
london.jpg
ところどころ指揮者の人の頭が邪魔でしたが、シャンデリアの仕掛けのところなど迫力満点で楽しめました。
もう少し滞在できれば、他のミュージカルやバレエも試してみたかったです。

スポンサーサイト
2008.12.24 Wed l フランス以外の旅 l COM(2) TB(0) l top ▲
残り少ないおフランス生活。
ヨーロッパ旅行ラストスパート中、ということで週末はベルギーに行ってきました。

パリからブリュッセルまでは電車で一時間半弱。
土曜の朝に家を出て、丁度お昼時にブリュッセルの中心に到着しました。
grandplace.jpg

まずはお約束のベルギービールとムールフリット。
何故かフランスよりお値段高め。観光地価格なんでしょうか?
moule.jpg

お腹がふくれたので町を散策。
既に二人とも来たことがあるので、ブラブラ散策→疲れたらビールを飲む、という怠惰な旅です。

今回は友人宅に宿泊。
夜は「鶏の水炊き」。今年の初鍋はブリュッセルで頂きました。

二日目はアントワープへ。
ベルギーはオランダ語とフランス語(と少しドイツ語)が公用語。
ブリュッセルは二言語併用圏、アントワープはオランダ語圏です。
町を歩いていて聞き慣れない、見慣れない言葉(オランダ語)を多いと、少し不安になります。
フランスより英語を話す人が多いので、特に問題はないんですけどね。

さてアントワープと言えば、ダイアモンド!!!ではなくて、フランダースの犬です。
かの有名なラストシーン「パトラッシュ、僕もう眠いよ」の舞台、ノートルダム大聖堂へ。
antwepen.jpg
日曜日の午前中はミサをしているので入り口付近までしか入れませんでした。
遠目に何とか見えるルーベンスの絵を眺め、ネロとパトラッシュに合掌。
ちなみに大聖堂の前には「フランダースの犬記念ベンチ」(トヨタ提供)がありました。
日本人以外は気に留めていない様子でしたが。

二日目のランチもビール&ムールフリット。やっぱりフランスより高かったです。
そんなこんなでビールを飲み過ぎて、おいしいワッフル屋さんに行きそびれてしまいました。

2008.09.22 Mon l フランス以外の旅 l COM(2) TB(0) l top ▲
ずーーーっと前から行きたかった水の都ヴェネツィア。
念願叶ってようやく訪れることができました。

が、大雨。

サンマルコ広場水没中。


足首が浸かるくらいまで水位が上がってきたため、広場の周りのカフェに避難したのですが、、、

お店の中まで浸水してきたため、閉店。
追い出されてしまいました。
venice2.jpg

一日目は大雨、雷、強風。
折りたたみ傘が折れてしまう程の嵐でした。
いくら水の都と言えど、うんざり、、、

だったのですが、二日目はうってかわっていいお天気。
前日は動いていなかったゴンドラがたくさん出ています。
venice1.jpg

町自体はそれほど大きくないので、丸一日ぶらぶら町を散歩して、何とかヴェネツィアを満喫できました。

今回は初めて格安航空会社を利用しました。
チェックインの手続きなどがスムーズでなかなかよかったです。
myair.jpg


2008.09.16 Tue l フランス以外の旅 l COM(2) TB(0) l top ▲
せっかくシャモニまで来たので、帰りはスイスにも寄り道してきました。5月にドイツからスイスに寄り道した時には国境でパスポートチェックがありましたが、今回は車を止められることもなく、あっさりとした国境越えでした。


ジュネーブはフランス語圏なので、フランスからやって来ても余り違和感を感じません。でも通貨はユーロではなく、スイスフラン。両替するともったいないので、できるだけお金を使わないようにささっと観光してフランスに戻ることにしました。

とりあえず国際都市観光らしく、国連欧州本部へ。平日ですが人の気配があまりしません。内部の見学ができるのかどうか不明です。
geneve2.jpg

国連の前には地雷被害の悲惨さを伝えるブロークンチェアという巨大オブジェがあります。結構な迫力です。
geneve3.jpg


2008.07.31 Thu l フランス以外の旅 l COM(0) TB(0) l top ▲
コートダジュールを抜け、イタリアまでやってきました。南仏は食べ物も家もフランスというよりイタリアっぽいので、あまり違いがないのかな、、、と思っていました。が、やっぱりイタリアはイタリアでした。

当たり前ですが言葉が違います。ラジオをつけながらドライブしていると、いつの間にかDJの話す言葉がイタリア語に変わっていました。抑揚をあまりつけずに話すフランス語とは違い、イタリア語は脳天を突き抜けるような話し方をするように聞こえます。フランス語だと何を話していても小難しく聞こえますが、イタリア語だと逆に何でも冗談のように聞こえます。

車の運転はとても荒いです。フランス人もひどいですが、それ以上に後ろを見ないで車線変更をするのでヒヤヒヤすることが多いです。道路自体もあまり整備されていないので、ガタガタして走りにくいですし、高速道路の合流レーンもとても短いのでドキドキものです。以前、ドイツに言ったときと比べると天と地の差。ドイツのアウトバーンはとても走りやすく設計されていますし、ドライバーのマナーも世界一。イタリアでもドイツナンバーの車を見かけると、ついつい後ろをついて行きたくなりました。

そんなこんなですが、パスタ、ピザはやっぱりイタリアで食べる方がおいしくて安いです。今回はジェノヴァとトリノだけしか行きませんでしたが、今年中にヴェネチアにも行きたいと思っています。でも今度は飛行機で。。。
genova.jpg





2008.07.28 Mon l フランス以外の旅 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。