上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
旦那の卒業式も無事終わり、帰国も間近に迫って参りました。
帰る前にフランス国内最後の旅先として選んだのは、ストラスブール。
ここは5月にも一度訪れているのですが、一年で一番賑わうのは12月。
町中にマルシェ・ド・ノエル(クリスマスマーケット)が立ち並ぶのです。
marchedenoel1.jpg

パリでも至るところでマルシェ・ド・ノエルをしてますが、ストラスブールの方がきらびやか。
どこもかしこも人だらけで大賑わいです。
marchedenoel2.jpg

キャンドルやツリーの飾りなどクリスマスにちなんだものだけでなく、民芸品のようなものも売られています。
ヴァン・ショー(ホットワイン)、クグロフ(アルザスのパン)、焼き栗などの飲食物もあったので買い食いしながらお店を冷やかしました。
marchedenoel3.jpg

最後ということでハウスメイトの香港人カップルと行ったストラスブール旅行。
二日目の朝には広場で一緒にクリスマスキャロルを歌い、午後に別れました。
お互いの国に帰ったらなかなか会えないかもしれませんが、またいつかこんな風に一緒に旅をしたいものです。


スポンサーサイト
2008.12.23 Tue l フランスの旅 l COM(2) TB(0) l top ▲
日本から両親、妹、甥っ子X2が遊びに来てくれました。
甥っ子はもちろん初海外。いきなりフランスとは大したもんです。

広大な庭には大興奮。走り回っています。
ring1.jpg

鴨に餌付けをしたり、犬と遊んだり、フランスの田舎暮らしを満喫したようです。
ring2.jpg

マルシェももちろん初体験の甥っ子。
お肉屋さんではハムを、チーズ屋さんではスライスしたチーズをもらいました。
見慣れない東洋人のちびっ子はちょっと贔屓されていました。
ring3.jpg

父のリクエストにより、サンマロ&モンサンミッシェルにも行って来ました。
前回(5月)と比べると、当たり前ですが随分寒い。。。
でも、サンマロで食べた冬のシーフードは絶品でした。
fruitdemer.jpg

モンサンミッシェルも空気が澄んでいて、とても美しい。
montsaintmichel_nuit.jpg

朝は曇っていたので、ちょっと残念。
montsaintmichel_matin.jpg

わずか6日間の滞在だったので、時差ぼけを解消できず、夕食の時間には眠りこけていた甥っ子達。
その代わり、朝食は焼きたてパンをもりもり食べていました。
「また行きたい!」と言っているそうですが、次は大人になってからでしょうか。


2008.11.25 Tue l フランスの旅 l COM(2) TB(0) l top ▲
フォンテーヌブローの北にあるムランという町の近くにあるヴォー・ル・ヴィコント城。夏季限定でキャンドルナイトという企画をやっているということなので、夕食後に繰り出してきました。

仄暗いキャンドルの灯りの中に浮かび上がるお城はとても幻想的。昔の貴族が舞踏会に向かうときはこんな感じなのかしらん。
ヴォールヴィコント1
庭園が有名なのですが、さすがに夜はよく見えません。足元がよく見えないので、垣根に突っ込んでいる子供もいました。
ヴォールヴィコント2

ここは個人所有の城なので、入場料はお高め15ユーロ。でも広い敷地内のキャンドル点灯・消火作業は重労働でしょうから、儲けは余りなさそうです。

2008.09.05 Fri l フランスの旅 l COM(0) TB(0) l top ▲
3月にも旅行したブルゴーニュ。前回はボーヌ方面でしたが、今回はディジョンへ。

ディジョンと言えばマスタード。でも日曜日のため、お店はほとんど閉まっています。とりあえずランチだけ食べて、ワイナリーに向かうことにしました。
ディジョンの南はコート・ド・ニュイと呼ばれる地域で、ロマネ・コンティで有名なヴォーヌ・ロマネ村をはじめジュブレ・シャンベルタン村、シャンボール・ミュジニ村など、世界的に有名なワインの産地です。今回はディジョンからすぐ近くにあるマルサネ村に行ってききました。訪問したワイナリーは見学、試飲、テイスティンググラスがついて10ユーロ支払うシステムです。
マルサネ

お金を払うだけあって、説明もなかなかしっかりしています。同じ畑でヴィンテージの違うワインを比べたり、同じヴィンテージだけど違う畑のものを比べたりして、買って帰るワインを決めました。
マルサネ2

収穫前だけあって、畑には葡萄がたわわに実っています。
マルサネ3

マルサネ村を出た後は白ワインの産地シャブリへ。日曜で時間も既に遅かったのですが、たまたま入ったワインカーヴが当たり!でした。閉店時間が近かったのですが、お店のお姉さんは英語で丁寧に説明をしてくれ、グランクリュ(特級畑)の高価なシャブリもじゃんじゃん試飲させてくれました。
シャブリ

ブルゴーニュのワインは単一品種、赤はピノノワール、白はシャルドネ(少しアリゴテも)でワインを作っているのですが、それぞれの村、それぞれの作り手で味が全然違うというのが興味深いところです。まだまだ巡ってみたいワイナリーはたくさんあるのですが、もうブルゴーニュはこれが最後でしょうね。。。

2008.09.04 Thu l フランスの旅 l COM(4) TB(0) l top ▲
ここ一週間は、日本から友人が遊びに来ていたため、車でいろいろお出かけ。天候にも恵まれ、なかなかいいドライブを楽しみました。

シャンパーニュ地方にあるトロワは木組みの家が建ち並ぶ可愛い町。かなり傾いている家もたくさんあります。地震がないとはいえ、ちょっと怖そう。
トロワ2
メガネやさんの看板がキュートだったので、パチリ。
トロワ1

元々は繊維産業が盛んだったらしく、町の外れには大きなアウトレットモールがあります。アメリカもの(Nike、Ralph Laurenなど)は日本の方が安いと思いますが、Petit BateauではTシャツがなんと2.5ユーロ。ついつい色違いで買ってしまいます。
洋服以外ではルクルーゼのアウトレットもあったのですが、さすがにあの重たいお鍋を日本まで持って帰るのは無理そうなので諦めました。。。



2008.09.04 Thu l フランスの旅 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。