上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
vin71.jpg
残していたワインのコルクを数えてみたら71個ありました。
・4月以降からしか残していない
・外食分はない
・夏の南仏滞在時の分はない
ので実際は100本位開けたのではないでしょうか。
安くて美味しいワインが簡単に手に入ったフランスだからここまで飲めたんだと思います。
日本に帰ったら、、、ここまで飲む事はできないでしょう。

スポンサーサイト
2008.12.31 Wed l ワイン&チーズ備忘録 l COM(0) TB(0) l top ▲
ついに帰国は明日(12月31日)。
船便は送ったし、手荷物もなんとかまとまり、後は掃除・洗濯を残すのみ。
今日は最後にパリに行く予定でしたが、この冬一番の寒さ(多分)のため路面が凍結。
普段はビュンビュン飛ばしているフランス人達もさすがにノロノロ運転。
道路が大渋滞していました。
こりゃダメだ、、、ということで高速に乗る前に断念。
フォンテーヌブローで過ごす事にしました。
後で聞いた話によると、普段は1時間半程のパリへの道のりが今日はなんと6時間もかかっていたそうです。

既に片付けを済ましているので、今夜は外食。
フォンテーヌブローで一番コストパフォーマンスの高いレストランCote Sudへ。
南仏・地中海料理のお店で夜でも前菜+メインのムニュは25ユーロ。
cotesud.jpg
(メインで選んだマグロのロースト、ラタトゥイユ添え)

デザートはフォンテーヌブローで一番のパティスリー、Frederic Casselで買ったケーキを自宅で頂きました。
cassel1.jpg
ここは店構えはとても綺麗だし、味も甘すぎず上品なので、人気のお店です。
cassel2.jpg
今年はなんと日本に初上陸。
何故か京都のハイアットリージェンシーに一号店がオープンしています。
ウェブサイトを見る限り、ケーキ類は残念ながらないようです。

ちなみに昼間、ここのサロン・ド・テでお茶をしたのですが、飲み物についてくるショコラが何故かINSEADのロゴ入りでした。
cassel3.jpg

充実した一年も今夜で終わり。
寂しい限りです。



2008.12.30 Tue l フランス生活(住) l COM(2) TB(0) l top ▲
Joyeaux Noel!
冬の一大イベント、ノエル(クリスマス)がやってきました。
基本的にフランス人は家族と共に家でノエルを過ごすよう。
スーパーにはイブのご馳走を買いに来た人たちで大盛況です。

チキンや七面鳥の丸焼き、フォアグラやキャビアなどの高級食材もたくさん売られていましたが、一番盛り上がっていたのはシーフード売り場。
普段は閑散としているのに、今日は牡蠣やロブスターを求める人で溢れ帰っていました。

さて私たちの今日のディナーは、
オードブル:エスカルゴ(ピカールの冷凍だけど)、サラダ
diner_noel1.jpg
メイン:ローストチキン(二人なので丸鶏は断念)
diner_noel2.jpg
デザート:ガトーショコラ(管理人さん直伝のレシピ)
diner_noel4.jpg
ワイン:マルサネの赤(秋にブルゴーニュを訪れた際、購入)
diner_noel3.jpg

ちょっと食べ過ぎです。
が、明日は帰国のための荷造りでカロリー消費する予定なので、まあいいかな。


2008.12.24 Wed l フランス生活(その他) l COM(0) TB(0) l top ▲
フランスの東の果てストラスブールから一旦パリに戻り、ユーロスターでロンドンへ。
london6.jpg

ロンドンと言えば、ミュージカル。
でも上演しているものが多過ぎて。何を観たらいいのか迷います。
とりあえず、その日の売れ残りチケットを半額で売ってくれるtktsに行ってみて考えることに。
人気の「マンマ・ミーア」、その日は休演だった「ライオンキング」はありませんでしたが、窓口が開く10時前から並んでいたので結構選択肢がありました。
映画版がお気に入りの「Billy Elliot」(邦題:リトルダンサー)か有名どころの「オペラ座の怪人」かで迷いましたが、旦那の要望により「オペラ座の怪人」に決定。
実は既にブロードウェイと大阪で計2回観ているんですが、まあ10年前のことなので良しとしました。

夜の開演まではロンドン観光&ショッピング。
クリスマス前ということでデパートの周りは人だらけです。
london5.jpg
少し前と比べると対円のポンドは半分程の価値になっているので、何でも安く思えます。
ちなみにスターバックスのカフェラテトールサイズは1.9ポンド。
フランスだと3.6ユーロくらいだったと思うので、割安です。

ランチは飲茶。
london1.jpg
外観もインテリアも高級そうですが、お値段はリーズナブル。
パリではなかなか飲茶を食べさせてくれるレストランはありませんが、ロンドンは選り取りみどり。
このお店は香港人に教えてもらったのですが、本場の人のおススメだけあってとても美味しかったです。

夜になり、お待ちかねのミュージカル鑑賞。
劇場はライトアップがとてもキレイです。
london2.jpg
行くまで気がつかなかったのですが、座席は最前列のど真ん中。
目の前(下?)にオーケストラピットがあります。
london.jpg
ところどころ指揮者の人の頭が邪魔でしたが、シャンデリアの仕掛けのところなど迫力満点で楽しめました。
もう少し滞在できれば、他のミュージカルやバレエも試してみたかったです。

2008.12.24 Wed l フランス以外の旅 l COM(2) TB(0) l top ▲
旦那の卒業式も無事終わり、帰国も間近に迫って参りました。
帰る前にフランス国内最後の旅先として選んだのは、ストラスブール。
ここは5月にも一度訪れているのですが、一年で一番賑わうのは12月。
町中にマルシェ・ド・ノエル(クリスマスマーケット)が立ち並ぶのです。
marchedenoel1.jpg

パリでも至るところでマルシェ・ド・ノエルをしてますが、ストラスブールの方がきらびやか。
どこもかしこも人だらけで大賑わいです。
marchedenoel2.jpg

キャンドルやツリーの飾りなどクリスマスにちなんだものだけでなく、民芸品のようなものも売られています。
ヴァン・ショー(ホットワイン)、クグロフ(アルザスのパン)、焼き栗などの飲食物もあったので買い食いしながらお店を冷やかしました。
marchedenoel3.jpg

最後ということでハウスメイトの香港人カップルと行ったストラスブール旅行。
二日目の朝には広場で一緒にクリスマスキャロルを歌い、午後に別れました。
お互いの国に帰ったらなかなか会えないかもしれませんが、またいつかこんな風に一緒に旅をしたいものです。


2008.12.23 Tue l フランスの旅 l COM(2) TB(0) l top ▲
食べ物ネタばかりですが。。。

パリのモンパルナス周辺にはクレープリー(クレープ屋さん)がたくさんあります。
ガレット(そば粉のクレープ)と言えばブルターニュ地方の名物。
モンパルナス駅はブルターニュへ向かうTGVの発着駅。
というわけでクレープリーがずらっと並んでいるそうです。

余りにたくさんあるのでどこに入るか悩んでしまいますが、
お上りさんの私たちはガイドブックに必ず載っている有名店Creperie de Josselinへ。
私は単品でヴェジタリエンヌ(チーズ、トマト、マッシュルーム、オニオン)、
旦那はコンプレ、デザートクレープにシードルが付くムニュを注文。

バターの焦げた香ばしい匂いがたまりません。
うちの隣村にあるクレープリーのガレットもパリパリしていて美味しいですが、
ここのはもっとパリッパリッ。しかも量の多いこと!
普通だったら食べきれないところですが、バレエレッスンの帰りだったので完食。
ついでに旦那のデザートクレープも半分頂きました。

他のクレープリーも試してみたいですが、残り僅かなフランス生活。
多分無理そうです。。。


2008.12.16 Tue l フランス生活(食) l COM(2) TB(0) l top ▲
美味しいランチの後はパリの有名カフェ巡り。

rotondo.jpg
まずはLa Rotonde。
モンパルナス周辺の四大カフェの一つ。
モディリアニなど若き芸術家たちが集まっていたらしいです。
以前読んだFIGAROのパリ特集ではパトリス・ルコントのお気にいりだとか。
残念ながら、私が行ったときにはいらっしゃらないようでした。

magos.jpg

flore.jpg
サンジェルマンデプレにはLes Deux MagotsとFloreが並んでいます。
サルトル、ボーヴォアールなどが熱い哲学談義を交わしていたらしいカフェ。
その他にもコクトーやピカソといった芸術家たちも常連さんだったようです。
flore2.jpg

今回はFloreでショコラを頂きました。
やっぱり有名カフェのショコラは濃厚で美味しいです。


2008.12.15 Mon l フランス生活(食) l COM(0) TB(0) l top ▲
旦那の授業も終わり、後は卒業式を残すのみ。
一年間勉強を頑張った旦那と、
一年間外食があまり出来ない&コンビニ無し環境で料理を頑張った私自身に、
お疲れさまということでパリのビストロでランチをしてきました。

パリには星の数ほどビストロがあるので、在住歴の長い親戚に「美味しいビストロを教えて!」とメール。
いくつか紹介された中の一軒、「Le Camaleon」に行って来ました。
cameleon.jpg
お店に入ると出迎えてくれたのが名物オーナー。
一つにひっつめた白髪頭でお洒落なメガネのおじさまです。
旦那曰く、「sawsawのおじいさまに似ている」とのこと。

ランチのMenuは前菜&メインもしくはメイン&デザート。
デザートは別のところで食べる予定をしていたので前菜&メインのチョイスにしました。
旦那は、
前菜:ムール貝のスープ
メイン:子牛のレバーのソテー
私は、
前菜:ポワローの温製
メイン:ポークソテー&ニョッキ
を選びました。

子牛のレバーはここのスペシャリテ。
とにかくデカイ!
foiedeveau.jpg
表面がカリッ、中はトロトロ、一口もらいましたが幸せな気分になりました。
生レバは好きですが、焼いたレバーは焼き鳥以外あんまり好きではありませんでした。
が、このレバーは焼いたレバー特有のねちゃっとした感覚や臭みがなく、本当に美味しかったです。



2008.12.15 Mon l フランス生活(食) l COM(0) TB(0) l top ▲
idee.jpg
見た目がレトロでとっても可愛いパン屋さん。
パンの並べ方もすごく素敵で、センスを感じさせます。
もちろん味も美味しいです。
特にピスタチオ&ショコラのエスカルゴがお気に入り。


2008.12.14 Sun l パン備忘録 l COM(0) TB(0) l top ▲
年間50冊の本を読もうという目標を毎年掲げています(1週間1冊ペース)。
今年は暇だったのでもっと読みたかったのですが、日本語の本が手に入りにくかったもので実際は少なめかも。

その中で今年一番気に入ったのは、伊坂幸太郎。
恥ずかしながら今まで読んだ事がなかったのですが、とりあえず行きの飛行機で読んだのが面白かったのでハマってしまいました。
特に気に入っているのは「オーデュボンの祈り」。
私好みの、
-伏線がいっぱい張ってあって
-きちんとしたオチのある
小説です。
出版されたのは随分前です。
最初に本屋で見たときに「喋る案山子が殺された!犯人は!?」みたいなキャッチコピーがついており、
「何これ?オズの魔法使いのパロディ?」とか思ってしまいちょっと手に取る気にはなれませんでした。
でも飛行機の暇つぶしにと選んで大正解。
その後も伊坂氏の他の小説を日本から送ってもらったり、パリのブックオフで買い足したりしています。

来年はちょっと忙しそうだから、なかなか読書の時間を作れないかもしれません。
日本にいたら本屋さんも図書館もたくさんあるのに。。。



2008.12.13 Sat l フランス生活(その他) l COM(4) TB(0) l top ▲
引きこもり生活のせいで、すっかりお菓子作りに目覚めた私。

gateaux.jpg
クリスマスディナーにお呼ばれした際の手土産に作ったバナナパウンドケーキと抹茶ブラウニー。

gateau_marron.jpg
食後のデザートのマロンパイ。
中にはカスタードと渋皮煮(これも作った!)を入れています。

自分で作ると甘さや油分が調整できるので、旦那のダイエットにもぴったりです。
さあ、今日は何を作ろうかしらん。

2008.12.09 Tue l フランス生活(食) l COM(2) TB(0) l top ▲
フランス世界遺産のハイライト、ヴェルサイユ宮殿。
13年ぶりの訪問です。

長い間、修復工事が行われていた鏡の間。
シャンデリアがゴージャスでとてもキレイです。
外は生憎の曇り空だったのですが、晴れていたら日光いに反射してもっと美しかったに違いありません。
versaille3.jpg

宮殿内ではJeff Koonsというアーティストの展示会も開かれており、至るところにナゾのオブジェが、、、

フーセンで作ったプードルみたいなオブジェ。
versaille1.jpg

なぜかロブスター。
versaille2.jpg

フォンテーヌブロー宮殿でも現代アートの展示をしていましたが、これってどうなんでしょうか。
なんだか場違いな気がします。

versaille4.jpg
外はとても寒かったですが、頑張って庭園も散策。
宮殿からグラン・トリアノン、プチ・トリアノンまで歩くと30分程かかりました。
なかなかいい運動!と思っていたのですが、帰って来たらなんだか喉が痛い。。。
張り切りすぎて風邪をひいてしまったようです。
しばらく家でのんびり過ごさないと。


2008.12.08 Mon l フランス世界遺産 l COM(4) TB(0) l top ▲
フィガロスコープ美味しいバゲットランキングつながりで。
実はここではバゲットを買った事がありません。
が、パン・オ・ショコラが絶品!でした。
焼きたてだったせいもあるかと思いますが、生地はパリッパリッ。
中からショコラがとろーり。
こんなに美味しいなら他のパンも買えばよかったと後悔。

ここはケーキ類も充実していて、エクレアもなかなかのものでした。
パン屋さんのエクレアは甘すぎるのが多いのですが、ここのは上品な甘さ。
噂によるとカヌレもいけているらしいので、次回買ってみないと。

2008.12.06 Sat l パン備忘録 l COM(2) TB(0) l top ▲
一時帰国と体調不良でお休みしていたバレエを再開。
と言っても、もうすぐ本帰国なのであと数回です。

体は鈍っているし、寒いし、なかなか思うように動けませんでしたが、
久しぶりのレッスンでいい汗をかきました。
明日の朝、起き上がれるのかどうかが心配ですが。。。

2008.12.05 Fri l バレエ l COM(4) TB(0) l top ▲
バゲットコンクールと言えばパリ市のものが有名ですが(1位のバゲットは毎朝エリゼ宮に届けられる)、先日フィガロスコープが選ぶ美味しいバゲットランキングというのが発表されました。

そこで1位を取ったのがJacques Bazin。
パリに行くとき必ず使うリヨン駅から歩いて5分。
便利なところあるし、私のパン屋マップにも印がついていながらまだ試した事がなかったお店です。
お店に行くと、ちょうどお昼時ということもあってお客さんで一杯。
私の前に並んでいた人はトラディションを買っていたのですが、それがとても美味しそう。
ですが、今日は普通のバゲットを買うと決めてやって来たのです。
何故ならフィガロスコープのランキングは普通のバゲットのランキング。
トラディションは次回までお預けにします。
バレエレッスンの後でお腹も空いていたので、サンドイッチも一緒に購入。
いつもなら3分の1程残してしまうのですが、今日はぺろりと食べてしまいました。
肝心のバゲットもできたてほかほかだったので、ついついつまみ食い。
皮はパリパリ、中身はふわふわ、小麦の甘みがじんわーり。
とっても美味しかったのですが、柔らか過ぎて途中でポッキリ折れてしまいました。
そんなわけで写真が撮れずじまい。

2008.12.05 Fri l パン備忘録 l COM(0) TB(0) l top ▲
冬になり、引きこもり生活。運動不足です。
最寄りのパン屋まで毎日45分のウォーキングをしようかとも思ったのですが、
- 外は寒すぎる
- 歩道が歩きにくい
ので、諦めました。

代わりにWiiFitで踏み台昇降運動。
1回10分を1日5回程やっていたら、体がぽかぽか暖まってきました。
が、翌日、左ひざに激痛が。。。
寒い家で、タイルばりの床で、裸足で、踏み台昇降をやっていたせいで傷めたようです。
(体重が増えたせいもあるかも)
ひざを曲げるのが痛くて、歩くのも一苦労。
ますます外出する気が失せます。

他に暇つぶしはないものかと考えたところ、思いついたのがお菓子作り。
小麦粉やら砂糖やら、帰国までに使い切りそうにない食材を有効活用できます。
先週から、
- クレームカラメル(プリン)
- 抹茶プリン
- バナナパウンドケーキ
を立て続けに作っています。
何を作ろうか考えるのも楽しいし、割と美味しく作れるし、いい趣味ができました。
でも、ますます引きこもって、ますます太ってしまいそうで恐ろしいです。




2008.12.02 Tue l フランス生活(その他) l COM(4) TB(0) l top ▲
冬のせいか、がっつき気味の鴨さん達。
私たちの姿を見ると、川から上がって近寄って来ます。
しかも、数が日々増えているような気が。。。
ここに来ると餌がもらえると、噂になっているのでしょうか。
warawara1.jpg

わんこがいても気にしていない様子です。
warawara2.jpg


2008.12.01 Mon l フランス生活(住) l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。