上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

アヴィニヨン近くにあるリル・シュル・ラ・ソルグという町では毎週日曜にアンティーク市が開かれています。大きな買い物はできないので冷やかしに行ったみたのですが、予想以上に大規模。骨董品だけでなく、普通のマルシェと同じように八百屋さん、チーズ屋さんなどの食料品店、プロヴァンス名産品店などがたくさん出店しています。普段買い物をしているフォンテーヌブローのマルシェの10倍以上の規模です。

南仏に来てからお土産らしいものを未だ買っていなかったので、プロヴァンスプリントのテーブルクロス10ユーロ、エルブドプロヴァンス(ハーブのミックス)2ユーロX2を買いました。色とりどりのマルセイユ石けんも欲しかったのですが、家にたくさんあるので今回は断念。
antique2.jpg


夕食の食材として野菜を買うことにしたのですが、これがものすごく安いのでびっくりしました。プロヴァンス料理ラタトゥイユを作るために茄子、ズッキーニ、赤と緑のパプリカ、にんにくを買ったのですが、フォンテーヌブローの半分くらいの値段です。にんにくは大きいの一つでなんと7セント(約11円)でした。この他にメロンも購入。この町の隣にあるカヴァイヨンはメロンの産地として有名なのでメロンも一個1.8ユーロとお買い得(ちなみにエクスのスーパーでは3ユーロ以上)。
地産地消は美味しくて経済的です。



スポンサーサイト
2008.07.14 Mon l フランスの旅 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://francefrafra.blog82.fc2.com/tb.php/104-7b574fd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。