FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ジヴェルニーにはモネの家があります(しかありません)。パリから日帰りで行ける距離なので、他には何もないところですが観光客で一杯。6ユーロ!もするサンドイッチやホットドッグもよく売れていました。

モネと言えば「睡蓮」。ここにはその「睡蓮」の庭があります。ガイドブックには、睡蓮の花は午前中にしか咲かないようなことが書かれていましたが、午後でも普通に咲いていました。柳、太鼓橋、そして睡蓮。まさに美術館で観たモネの絵そのものです。


庭には睡蓮以外にも様々な花が咲き誇っています。ちなみにここは冬期休館。花の咲く季節しか訪れることができません。まあ、花がないのに来ても侘しいだけですしね。
monet2.jpg

家の中には所狭しと浮世絵が飾ってあります。先日パリのギメ美術館で行われていた北斎展でも感じたことですが、日本にいるときは浮世絵をあまり観たことがないのに、フランスでは観る機会がとても多いです。印象派が日本文化の影響を受けているというのを聞くと素直にうれしく思いますが、当の日本人である自分が浮世絵その他の日本文化をよくわかっていないのは恥ずかしいです。もっと勉強しないといけません。。。



スポンサーサイト
2008.08.17 Sun l フランスの旅 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

No title
私も昨年の夏ジヴェルニーへ行きました。
お花がいっぱい咲いていて、素敵なお家ですね。
確かに、こちらでは葛飾北斎は有名人だと思います。
先日子供番組を見ていたら、ベートーベンにならんで、「Hokusai」が出てきてびっくりでした。
れいなさん、本当にフランス制覇されてますね~。
スゴイです!
2008.08.18 Mon l 桜餅. URL l 編集
No title
Hokusaiがベートーベンと並んで出て来るなんてフランスはすごいですね。日本の子供はベートーベンは知ってるけど、Hokusaiは知らないのではないでしょうか(少なくとも私の子供時代はそうでした)。
2008.08.19 Tue l sawsaw. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://francefrafra.blog82.fc2.com/tb.php/136-7dae4fe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。