上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ドクターからもらった血液検査の用紙を持って、ラボへ。
具合の悪い私に代わり、旦那が直接ラボへ出向き、ランデブーを取ってくれました。
何か小さな容器をもらってきています。
旦那曰く、「多分、検尿。」(やっぱりフランス語しか通じなかったらしい)
もし全然違ったら、ものすごく恥ずかしいんですけど。

ランデブーは次の日の朝。
ドクターからもらった検査項目を辞書で調べると糖、たんぱくというのがあったので、検尿で間違いないだろうと自信を持ってラボへ向かいます。

受付で検査用紙を見せ、
私「今日の検査を予約した○○です。」
受付「はじめてですか?生年月日は?電話番号は?」
私「あのー紙に書いていいですか?」
数字は間違いやすいので、紙に書かせてもらいました。
受付「グループほにゃららは持っていますか?」
私「???」
何のことか分からない顔をしていたら、まあいいやって感じで流されてしまいました。
受付「なんちゃらかんちゃらは持って来ましたか?」
これが検尿か!と容器を渡します。
何も言われなかったので、ビンゴだったようです。

しばらく待合室で待っていたら、検査技師の人が呼びにきて検査室に連れて行かれました。
検査室は4つくらいあって、それぞれ個室になっています。
検査技師「マドモワゼル○○、名字は?名前は?」
フランスでも取り違いの無いようにちゃんと確認してくれます。
私「名字は○○、名前はXXです。でもマドモワゼルではなくて、マダムです。」
検査技師「えっ!それは大変。若い娘の頃の名字は何ですか?(直訳。旧姓のことらしい)」
私「△△です。」
検査技師「名字は○○、名前はXX、旧姓は△△ね。生年月日はこれで合ってる?」
さっきわざわざ紙に書いて渡したはずなのに、生年月日が間違っていました。。。
私「違います。1日でなくて4日です。」
検査技師「えっ!それは大変。修正しておくわ。」
それからようやく採血。結構たくさん採りました。
検査技師「じゃあ、次は私の同僚がやってきてグループほにゃららのテストをするから。」
また出た!グループほにゃらら!
一体何をされるのかドキドキです。

しばらくして、違う検査技師の人がやってきました。
再び、名字、名前、旧姓、生年月日を確認します。
検査技師2「それじゃあグループほにゃららのテストをするわね。」
私「???」
検査技師2「ABOとかのテストよ。わかる?」
ここにきて、ようやく血液型のことだと理解できました。
さっきとは反対の腕から採血され、ようやく検査完了です。
最後に、
検査技師2「ごめんなさいね。私は英語が話せないの。。。」
と謝られてしまいました。
私「いえいえ、ここはフランスなんですからフランス語を話せない私が悪いんです。」
と言いたかったのですが、
私「フランス語が話せなくてごめんなさい。」
としか返せませんでした。

検査結果は3日位で出て、それを持って、再びドクターのところに行きます。
あっちに行ったりこっちに行ったり、その度にランデブーも必要なのが少し面倒です。
まあフランスらしいと言えば、フランスらしいのかもしれません。





スポンサーサイト
2008.11.13 Thu l フランス生活(その他) l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

1と4
は似ているかも。
2008.11.18 Tue l ぎょん. URL l 編集
No title
>ぎょんさん
フランス人の書く4はわかりにくい(9と似ている)けど、私の書いた4なのに間違われたよ。。。丁寧に書いたのに。。。
2008.11.19 Wed l sawsaw. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://francefrafra.blog82.fc2.com/tb.php/164-061a7e86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。