FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
念願のル・コルビュジェの建築物見学。
第一弾はパリ郊外ポワシーにあるサヴォア邸に行ってきました。
ここではル・コルビュジェが提言した「新建築に関する五原則 ー ピロティ、屋上庭園、自由な設計、自由なファサード、横長の連続窓」を実感できます。

savoye4.jpg
これぞル・コルビュジェ!という景観。

savoye1.jpg
屋上庭園から見たリビングはとても開放的。

savoye2.jpg
サヴォア夫妻のバスルーム。バスタブの奥にある椅子(?)が可愛い。

savoye3.jpg
リビングにはとってつけたようにコルビュジェチェアが。
もちろんサヴォア夫妻が置いて行ったわけではありません。。。

1928年から1931年にかけて建築されたものだそうですが、デザインは全く古さを感じさせず、ル・コルビュジェの偉大さを感じました。

興奮冷めやらぬうちに、次にも行かねば。



スポンサーサイト
2008.05.19 Mon l ル・コルビュジェ l COM(3) TB(0) l top ▲

コメント

No title
サヴォワ邸!!!!
バスルームの写真は初めてみた。
すごいね(笑)。

戦間期の建物だったのかあ。あの時代はパワーあったんだね。興味が尽きません。
2008.05.21 Wed l ぎょん. URL l 編集
No title
おひさしぶりっす。
いいなーー!!!!
これは行きたい。
良いものは色あせませんね。

それにしたって、、、
猫に小判
豚に真珠
カノコギ夫にコルビュジェチェア
2008.05.21 Wed l iKEDA. URL l 編集
No title
>ぎょんさん
>iKEDAさん
コルビュジェ作の邸宅は色々ありますが、自由に見学できるところは少ないのでサヴォア邸は貴重。
(人が現在住んでいるところは中に入れないところ多し)
なので、フランス旅行の際は是非見るべし。

次はロンシャンの礼拝堂か、マルセイユのユニテダビタシオンか、、、近いうちにコルビュジェ探索第二弾をする予定です!
2008.05.21 Wed l sawsaw. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://francefrafra.blog82.fc2.com/tb.php/62-3e7fc610
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。